セフレを好きだと思ってしまったら?

セフレを本命に感じてしまったらどうしますか?

「あの子のことが本当に好きかもしれない」なんて、思い始めたら、人間はなかなか抑制できるものではなくなります。
そんなときに、思わずがっついたことをしてしまうと、台無しになってしまいますので、順序をよく踏んでおきましょう。

好きだと思ったら

セフレは元来ドライな関係ですよね。
どろどろとした感情もなく、気軽にセックスを楽しむことができる相手のはずです。

また、セックスをしている最中は恋人のように甘い時間を過ごしたがる人もいるでしょう。
その雰囲気に充てられて、相手を本当に好きだと勘違いしてしまうことも多くあります。

ですが、時間が経ってもまだ好きだという感情がある場合には、相手にも本気になってほしいと思ってしまうものです。

普段だったら特に気にしていない仲なのに、ついつい男らしいところや女らしいところを見せてしまったり、自分のことを相手により知ってもらおうとしたりなど、さまざまなアプローチを仕掛けるようになります。

それに気づいてくれるといいのですが、なかなか気づかず、ましてやほかのセフレと関係を持っているのを見れば、心が病んでしまうでしょう。
そのため、早いところ、キリをつけたいものです。

早くから告白をできるのであればそれでもかまいません。
しかし、最初から「私だけにして」と独占すると逆効果です。

最初のうちは冗談交じりに「好きになったかも」などと伝えて、相手にも意識させるようにします。
そこからじわじわと本気度を出していけばよいのです。
また、相手が無理だということ伝えてきたら、食い下がらずに身を引きましょう。

関連記事一覧:

コメント投稿は締め切りました。