セフレを好きになると起こりうることとは

セフレとはいえ、男女の仲にはトラブルがつきものです。
それが本命になってしまった時には、相手がその気でなくても、自分には特別に見えるのでなかなか分別がつかなくなってしまいます。

そんな時に実際に起こったトラブルを踏まえながら気を付けていく点を知っていきましょう。

気持ちを暴走させないこと

男女ともにいえることですが、一度相手を特別視してしまうと、気持ちが暴走してしまいます。
その暴走は自分では意識できないため、相手からは引かれてしまうことが多いのです。

暴走というのは、セフレが居るとわかっていながら一方的に思いを伝え、「自分はこんなに好きなのに」と思い悩んでしまった挙句、相手に危害を加えるというものです。

相手にとっては普通の友達という感覚なのに、気持ちがすれ違って起こってしまいます。
特に、知り合った当初は普通の友達でセフレとしても良い付き合いができていた人にありがちです。

仲が良ければ良いほど相手のことを知っているので、気持ちがつらくなる一方です。
一方的な感情を相手にぶつけないようにするのが大切です。

「自分はこんなに好きなのに」という気持ちは、その人からすれば迷惑にもなり得ます。
困っている、拒否されているというのを自覚できない場合もあります、そんな時は友人に話してみるといいでしょう。

こんな時に第三者目線の意見は冷静で現実を教えてもらえます。
思い通りにならないと言って現実逃避をすればよくない方向にしか向かいません。
相手のことを考えてみてください。

関連記事一覧:

コメント投稿は締め切りました。